教え を 乞う 意味。 「お聞かせください」の意味と使い方|敬語表現|丁寧表現

♥ 口頭では大げさに聞えてしまうことも 「ご教示ください」という表現は、いわゆる「書き言葉」です。 誤用に注意したいのは、 たんに情報を聞き出したいときに「ご教授ください」を使うことです。 お教え願います。

1

👊 「演技の指導にあたる」「指導を受ける」「人を指導する立場」が挙げられ、類語としては「教育」「手引き」「鞭撻」があります。

✔ 「ピアノの基礎をご教授頂けませんか」というように、長期間の鍛錬・訓練が必要な楽器やスポーツの分野では、日常的に「ご教授」が使われています。

15

🐾 たとえば、「ご都合のよい日程をいくつかご教示くださいますようお願いいたします」と言った使い方ができます。

♥ この場合、「 次回以降も期待を裏切らないので続きも見てください!」といった意味合いに取れます。

13

✋ 上のことを教えた後に、太字のところを声をだして練習をすると、このあとの「かけ算の勉強」が、わかりやすくなります。 , , ,• これを「お教えくださいますか」「お教えくださいませんか」と疑問形の形にすると、相手に判断の猶予を与えることになるので、一方的に頼むよりも丁寧だとされています。

😁 「享受」は、「教えてもらう」という意味の「教示」「教授」とはまったく意味の方向性が異なる単語です。 また、 「お教えくださいませんか」のように疑問形にすると、一方的に頼むより相手の意向を伺う表現となり、より丁寧です。 まとめ 人に何かを教えてもらうのは、それだけでも少し緊張するもの。

2

📞 教えてもらうことの内容に関わらず使えます。 「ご教示のほど、よろしくお願いいたします」とするのが、ビジネスシーンでは正しい表現です。

2

😆 「Please tell me~. このような場合は「ご教示ください」を使うようにしましょう。 例えば、大学では卒論などの論文を書くとき、ゼミの先生に指導を仰ぐ人も多いのではないでしょうか。

13