無給 休職。 無給休暇とは?特別休暇や欠勤との違い、問題視される理由も解説

👋 1…休業開始前6ヶ月間に支払われた給与の総額(ボーナスを除く)を180日で割った金額 申請方法 勤務先の所在地を管轄するハローワークに下記の必要書類を持参する <初回>• ただし、ここでいう病気や怪我に「労働災害」や「通勤災害」によるものは含まれません。 有力な選択肢ですが、 さっと思い浮かべても、 「 公職や上部団体役職への就任 」、「 労組への専従 」、「 正当な争議参加 」、「 自然災害による出勤不能 」、 など、 単純に欠勤とはできない状況も少なくありません。

8

🤝 セミナー検索 /最新のセミナー、イベント情報をチェックして申込• <社会保険料の取り扱い> 休職中の給与の取り扱いで最も注意をしなければならないのは、毎月給与から控除するものをどのように扱うかという点です。

15

☕ 業務外で起こった傷病による長期欠勤が続いている場合• この結果、会社からもらえる収入はなくなるのですが、一方で社会保険料の支払い義務は免れません。 出典:全国健康保険協会|より作成 なお、加入している健康保険によって傷病手当金の扱いも少しずつ異なりますので、自分の加入している健康保険のルールを確認してみてください。

19

⚒ ご質問のケースでは、この社員の標準報酬の等級は変更されません。

5

😄 例えば、仕事中に機材に足を挟まれ、骨折をして仕事を休まなければならなくなった場合などにもらえます。

20

😇 これだけを見ると「 この標準報酬月額を引き下げれば社会保険料も下げられるのでは?」と考えるかもしれません。 休職中は、無給であっても問題はありませんが、健康保険料などの社会保険料のうち、少なくとも会社負担分については、支払わなければなりません。 2 休職期間中の従業員は、毎月1回以上現在の状況を会社へ報告しなければならない。

10

🔥 景気が悪化すると、「無給休暇」(賃金がもらえない休暇)を拡大する企業が増えることが懸念されます。 この場合、たとえば「会社が指定した医師の診断を受ける必要がある」という規定を就業規則に明記し、その診断書を参考に会社が復職の可否について判断をすることは認められます。 業務外で起こった傷病による長期欠勤が続いている場合• 傷病手当金 傷病手当金とは、 通勤中・仕事中以外で けがや病気をしたときにもらえる手当のことです。

10

🤔 休職制度は、休職の事由が消滅すれば復帰することが前提の制度です。 無給であるなら、社員としては年休の残があれば年休として消化することを考える はずだ。

5