領収 書 収入 印紙 割り印。 領収書に貼付する収入印紙に割り印が必要な理由を詳しく解説

✆ このように、消印する人は文書の作成者に限られておらず、また、消印は印章でなくても署名でもよいとされているところから、文書の消印は、その文書に押した印でなくても、作成者、代理人、使用人、従業者の印章又は署名であれば、どのようなものでも差し支えありません。

12

🤘 印紙税の課税対象となる文書に印紙を貼り付けた場合には、 その文書と印紙の彩紋とにかけて判明に印紙を消さなければならないことになっています(法第8条第2項)~中略~その文書に押した印でなくても、作成者、代理人、使用人、従業者の印章又は署名であれば、どのようなものでも差し支えありません。

☘ 収入印紙不要。 民法上したがって税法上、代理権を否定される根拠がないためです。

5

⚐ 作成できる文書数に制限がないのも魅力的です。 あらかじめ、貼り忘れのないように注意しましょう。

3

🤩 尚、ここで言う『 割り印』とは、収入印紙と文書にまたがって捺し、収入印紙が使用済みであることを示す印のこと。 ここで述べているのはあくまでも、領収書の会社名にかぶせて押す印鑑のことを指しています。

💓 現金で受領したかどうか分からなくなることもあるので、できるだけ控えを残すことをおすすめします。

15

😔 例えば、収入印紙の右側で割り印に失敗したときは、左側に正しい方法で割り印を押すようにしましょう。 出典: 上記の通り、印紙税法には、対象となる課税文書に収入印紙を貼りつけて印紙税を納めること、と記載されているだけ。 領収書(受取書)への収入印紙を貼り忘れた場合は? 税務調査において、領収書への収入印紙を貼り忘れたことが発覚すると、「本来納めるべき印紙税の3倍の金額」を納める罰則が科せられます。