ポリ ファーマシー。 「「病院における高齢者のポリファーマシー対策の始め方と進め方」について」の通知発出について|厚生労働省

😜 そういう方々は薬をすべて飲み切ることをせず、飲み残しとなってしまうこともあります。

17

😋 DO処方でも残薬がわかるように記載を義務付け、患者さんが同じ症状で複数の医療機関から薬をもらわないように徹底すること。 しかし、使用する薬の種類や量に比例して副作用のリスクが上がることが分かり、「減薬」の必要性が認識されるようになってきました。

18

🤞 多くの薬は肝臓で代謝を受けるか、腎排泄によって体外へ出ていくため、服用する薬が増えれば増えるほど、臓器への負担は大きくなります。

1

☭ 6種類以上の薬剤が処方された患者さまに対し、当該処方の内容を総合的に評価および調整し、2種類以上減薬した場合に算定が認められています。

😇 患者の年齢、体質に適した処方か? 患者の年齢、体質が、ある種の薬に強く影響を受けることがあります。 (令和3年3月31日付け医政安発0331第1号・薬生安発0331第1号)[PDF形式:4. そのための具体的な取り組みには以下があります。

9

💖 必ずしも薬剤が原因とは限らないが・・・ 薬剤師としては「カルシウム拮抗薬が原因かもしれない」という思考は必要だろう。

3