ナラティブ セラピー。 ナラティヴコーチング:ナラティヴコーチ®

☝ 3-6 イメージからのアプローチ 森山 敏文 177-179. もちろん厳密には複数バリエーションがあれど、いったんマーケティングやPRへの活用を考える上では基本の2つを押さえておけば十分です。 そのうえで、カウンセリングのデモンストレーションを通じてナラティヴ・セラピーのイメージをつかんでもらい、より具体的に理解することができます。

🐲 過去の衝撃的なトラウマ体験は、 『激しい怒り・深刻な悲哀・絶望的な抑うつ・消え難い憎悪』などを生起しますが、そういった生々しい情動は人間に強い不安(不快感)を与えるので、自我防衛機制によって次第に抑圧・否認されていきます。 文法2:まだ見ぬ冒険に出て帰還する もう一つはいわゆる冒険譚。

15

⌛ ) 本講座では,主にコーチング心理学に基づいた「ナラティヴ・コーチング」を実践します。

15

😊 単純なわたしというよりイカレポンチなわたしでした・笑 ナラティブアプローチを記事で紹介しようと決めたとき、 「サビカスさんのナラティブキャリアカウンセリングって自分でもできないかな?」 「カウンセリングよりはもちろん効果はなかったり面倒だったりするかもしれないけど、自分でもできるのでは?」 と思って、 セルフカウンセリングの本などを参考にサビカスさんの手順をわたしなりにご紹介しました。

14

🤩 一般には、こそがナラティヴセラピーの原点のように考えられているきらいもあるが、治療者の誘導よりも患者の主体性と意思が尊重される点では、お話し療法や、のちの派のなどに近いとも言える。

15

✋ ) クライエントが持つ、 ドミナント・ストーリー(支配的なストーリー、問題が染み込んだストーリー)を オルタナティブ・ストーリー(望ましく代替されたストーリー、問題から解放されたストーリー)へと書き換えることによって、クライエントにとって意味のあるストーリーを語れるように支援するものになります。 一方、ナラティブ・アプローチは、「現実」は人々の日常的なコミ ュニケーションのなかで不断に構成され、つくられていくという社会 構成主義[2]の立場をとる。

8

🤛 わたしが勉強したテキストでは、米国のキャリア心理学者マーク・サビカスさんがナラティブキャリアカウンセリングを創り出して広めた人として紹介されていました。 8. 人々がそれぞれの人生を表出・表現によって形成し、それを再形成する様な場において、表出・表現は「学問」的な問題ではない。 自覚がないのは、主にによるものである。

💔 自社が規定した強固な単一のものだけでなく、 各ステークホルダーが主体となって語りだすものも生まれえます。 「 現代文明学研究:第7号 2005 :410-420 知的障害児・者の「主体」援助の陥穽を問う 西村愛」より引用抜粋 従来のソーシャルワークでは、「成熟した」ワーカーと「未熟な」 クライエントというような明らかな権力関係が存在していた。 ナラティブにおいて、 主役はあくまでコミュニケーションを取りたい各ステークホルダー。

12