たぶん 歌詞。 ヨアソビ「たぶん」原作小説から読み解くほろ苦い男心と歌詞の意味│恋愛重子の部屋

😆 ただ二人の終わりは少し早かった。 結局誰のせいでもなく、終わってしまったことを今考えても推測でしか無いことで、 タイトルにもなっている「たぶん」という言葉がとても切なく感じます。

☎ 「嫌いじゃない」と「好き」はちがう。 とにかく、原作を読んでから曲を聴くと、更にグッとくるものがありました! せっかくなので、この原作小説「たぶん」から読み解いた歌詞の意味を私なりに妄想してお伝えしたいと思い、記事にしました。 愛のせいにしてこんな生活 交番怖いしトイレも近いし 絶対やめとけって正しかった友達未読104件 君しかいない君がいなくなった マジ暇だからツタヤでゲオして 宇宙のSE考えちゃうもう こんなに気持ちいい悪循環 そうそうそうそうそうなんですよ 家家コンビニ家コンビニ家 親戚からの心配千鬮 ラジオみたいに電話をきいてる あがってんの?さがってんの? どっちにしろ誰もみてないけど あがってんの?さがってんの? わかんないわかんないわかんないよ 天使? ステーシー? わかんないわかんないわかんないよ 興味がないなら見てんじゃねーよ 家家コンビニ家コンビニ家 いつのまにやらゴールド免許 半年振りにお日様のもと 最初に目があった中学生に 「勝ち目あり!」なんてね 誰が悪役か教えてあげるよ お花グルグル もっとグルグル ねえ愛してもっと六年生 超楽しい地獄をつくろう 友達も彼氏もいらない お花グルグル もっとグルグル ねえ損したなんて気のせいよ 公式の発表待てない 踊らされちゃうアイラブユー この愛だってドラマのパクリよ パクリよ パクリよ 流れるプールで掴んだ 輝く白さ驚きのやわらかさ 子供の頃可愛かったとか糞意味ないプライド27歳 3000枚CD買っても ふられたもう俺にはなにもないっす 新しい細胞才能ないのう? 今日未来今日未来興味ない あがってんの?さがってんの? どっちにしろ誰も聞いてないけど あがってんの?さがってんの? わかってるわかってるわかってるよ 天使? ステーシー? わかるように言わなきゃわかんないでしょ 2年だけならつきあってあげるよ 愛と平和とか歌い出す前に はやく1番ちょうだいよ あがってんの?さがってんの? 生きてんのってか死んでんの? あがってんの?さがってんの? さわってんの?いやさわんないでよ お鼻ポクポク もっとポクポク ねえ損してもっと革命児 超楽しい地獄に誘おう 友達に数えてあげるよ お話ししたい ちょっとマジ無理 ねえ誰が決めたの邦ロック お酒も飲めない頃から 好きだったんだけどな~ 幻滅前に今すぐ殺して 殺して 殺して 手をつないでMUSIC すてきな日曜日 太陽神さまがみてるよ 手をつないで暴力 画期的なにちべん 太陽神さまがくれるよ. なんとも切なく美しい歌詞なのでしょう。

🌏 それでも何回だってきっと そう何年だってきっと 始まりに戻ることが出来たなら なんて、思ってしまうよ 「おかえり」 届かず零れた言葉に 笑った 少し冷えた朝だ ラストサビです。 一人で迎えた朝に 鳴り響く誰かの音 二人で過ごした部屋で 目を閉じたまま考えてた そのままの意味で考えると誰もいない部屋で人の音が聞こえてくると恐ろしいと思いますがそうでは無いと思います。

18

🤞 涙流 なみだながすことすら 無 ないまま 過 すごした 日々 ひびの 痕一 あとひとつも 残 のこさずに さよならだ 一人 ひとりで 迎 むかえた 朝 あさに 鳴 なり 響 ひびく 誰 だれかの 音 おと 二人 ふたりで 過 すごした 部屋 へやで 目 めを 閉 とじたまま 考 かんがえてた 悪 わるいのは 誰 だれだ 分 わかんないよ 誰 だれのせいでもない たぶん 僕 ぼくらは 何回 なんかいだってきっと そう 何年 なんねんだってきっと さよならと 共 ともに 終 おわるだけなんだ 仕方 しかたがないよきっと 「おかえり」 思 おもわず 零 こぼれた 言葉 ことばは 違 ちがうな 一人 ひとりで 迎 むかえた 朝 あさに ふと 想 おもう 誰 だれかのこと 二人 ふたりで 過 すごした 日々 ひびの 当 あたり 前 まえがまだ 残 のこっている 悪 わるいのは 君 きみだ そうだっけ 悪 わるいのは 僕 ぼくだ たぶん これも 大衆的恋愛 たいしゅうてきれんあいでしょ それは 最終的 さいしゅうてきな 答 こたえだよ 僕 ぼくらだんだんとズレていったの それもただよくある 聴 きき 慣 なれたストーリーだ あんなに 輝 かがやいていた 日々 ひびにすら 埃 ほこりは 積 つもっていくんだ 僕 ぼくらは 何回 なんかいだってきっと そう 何年 なんねんだってきっと さよならに 続 つづく 道 みちを 歩 あるくんだ 仕方 しかたがないよきっと 「おかえり」 いつもの 様 ように 零 こぼれ 落 おちた 分 わかり 合 あえないことなんてさ 幾 いくらでもあるんだきっと 全 すべてを 許 ゆるし 合 あえるわけじゃないから ただ、 優 やさしさの 日々 ひびを 辛 つらい 日々 ひびと 感 かんじてしまったのなら 戻 もどれないから 僕 ぼくらは 何回 なんかいだってきっと 僕 ぼくらは 何回 なんかいだってきっと そう 何年 なんねんだってきっと さよならと 共 ともに 終 おわるだけなんだ 仕方 しかたがないよきっと 「おかえり」 思 おもわず 零 こぼれた 言葉 ことばは 違 ちがうな それでも 何回 なんかいだってきっと そう 何年 なんねんだってきっと 始 はじまりに 戻 もどることが 出来 できたなら なんて、 思 おもってしまうよ 「おかえり」 届 とどかず 零 こぼれた 言葉 ことばに 笑 わらった 少 すこし 冷 ひえた 朝 あさだ 涙流 namidanaga すことすら sukotosura 無 na いまま imama 過 su ごした goshita 日々 hibi の no 痕一 atohito つも tsumo 残 noko さずに sazuni さよならだ sayonarada 一人 hitori で de 迎 muka えた eta 朝 asa に ni 鳴 na り ri 響 hibi く ku 誰 dare かの kano 音 oto 二人 futari で de 過 su ごした goshita 部屋 heya で de 目 me を wo 閉 to じたまま jitamama 考 kanga えてた eteta 悪 waru いのは inoha 誰 dare だ da 分 wa かんないよ kannaiyo 誰 dare のせいでもない noseidemonai たぶん tabun 僕 boku らは raha 何回 nankai だってきっと dattekitto そう sou 何年 nannen だってきっと dattekitto さよならと sayonarato 共 tomo に ni 終 o わるだけなんだ warudakenanda 仕方 shikata がないよきっと ganaiyokitto 「 おかえり okaeri」 思 omo わず wazu 零 kobo れた reta 言葉 kotoba は ha 違 chiga うな una 一人 hitori で de 迎 muka えた eta 朝 asa に ni ふと futo 想 omo う u 誰 dare かのこと kanokoto 二人 futari で de 過 su ごした goshita 日々 hibi の no 当 a たり tari 前 mae がまだ gamada 残 noko っている tteiru 悪 waru いのは inoha 君 kimi だ da そうだっけ soudakke 悪 waru いのは inoha 僕 boku だ da たぶん tabun これも koremo 大衆的恋愛 taisyuutekirenai でしょ desyo それは soreha 最終的 saisyuuteki な na 答 kota えだよ edayo 僕 boku らだんだんと radandanto ズレ zure ていったの teittano それもただよくある soremotadayokuaru 聴 ki き ki 慣 na れた reta スト sutoー リ riー だ da あんなに annani 輝 kagaya いていた iteita 日々 hibi にすら nisura 埃 hokori は ha 積 tsu もっていくんだ motteikunda 僕 boku らは raha 何回 nankai だってきっと dattekitto そう sou 何年 nannen だってきっと dattekitto さよならに sayonarani 続 tsudu く ku 道 michi を wo 歩 aru くんだ kunda 仕方 shikata がないよきっと ganaiyokitto 「 おかえり okaeri」 いつもの itsumono 様 you に ni 零 kobo れ re 落 o ちた chita 分 wa かり kari 合 a えないことなんてさ enaikotonantesa 幾 iku らでもあるんだきっと rademoarundakitto 全 sube てを tewo 許 yuru し shi 合 a えるわけじゃないから eruwakejanaikara ただ tada、 優 yasa しさの shisano 日々 hibi を wo 辛 tsura い i 日々 hibi と to 感 kan じてしまったのなら jiteshimattanonara 戻 modo れないから renaikara 僕 boku らは raha 何回 nankai だってきっと dattekitto 僕 boku らは raha 何回 nankai だってきっと dattekitto そう sou 何年 nannen だってきっと dattekitto さよならと sayonarato 共 tomo に ni 終 o わるだけなんだ warudakenanda 仕方 shikata がないよきっと ganaiyokitto 「 おかえり okaeri」 思 omo わず wazu 零 kobo れた reta 言葉 kotoba は ha 違 chiga うな una それでも soredemo 何回 nankai だってきっと dattekitto そう sou 何年 nannen だってきっと dattekitto 始 haji まりに marini 戻 modo ることが rukotoga 出来 deki たなら tanara なんて nante、 思 omo ってしまうよ tteshimauyo 「 おかえり okaeri」 届 todo かず kazu 零 kobo れた reta 言葉 kotoba に ni 笑 wara った tta 少 suko し shi 冷 hi えた eta 朝 asa だ da. 分かり合えないことなんてさ 幾らでもあるんだきっと 全てを許し合えるわけじゃないから ただ、優しさの日々を 辛い日々と感じてしまったのなら 戻れないから お互いに気持ちがすれ違うことはたくさんある。

4

👍 人間は出逢いと別れを繰り返す生き物。

3

👆 まとめ いかがだったでしょうか。 涙流すことすら無いまま 過ごした日々の痕一つも残さずに さよならだ 一人で迎えた朝に 鳴り響く誰かの音 二人で過ごした部屋で 目を閉じたまま考えてた 悪いのは誰だ 分かんないよ 誰のせいでもない たぶん 僕らは何回だってきっと そう何年だってきっと さよならと共に終わるだけなんだ 仕方がないよきっと 「おかえり」 思わず零れた言葉は 違うな 一人で迎えた朝に ふと想う誰かのこと 二人で過ごした日々の 当たり前がまだ残っている 悪いのは君だ そうだっけ 悪いのは僕だ たぶん これも大衆的恋愛でしょ それは最終的な答えだよ 僕らだんだんとズレていったの それもただよくある聴き慣れたストーリーだ あんなに輝いていた日々にすら 埃は積もっていくんだ 僕らは何回だってきっと そう何年だってきっと さよならに続く道を歩くんだ 仕方がないよきっと 「おかえり」 いつもの様に 零れ落ちた 分かり合えないことなんてさ 幾らでもあるんだきっと 全てを許し合えるわけじゃないから ただ、優しさの日々を 辛い日々と感じてしまったのなら 戻れないから 僕らは何回だってきっと 僕らは何回だってきっと そう何年だってきっと さよならと共に終わるだけなんだ 仕方がないよきっと 「おかえり」 思わず零れた言葉は 違うな それでも何回だってきっと そう何年だってきっと 始まりに戻ることが出来たなら なんて、思ってしまうよ 「おかえり」 届かず零れた言葉に 笑った 少し冷えた朝だ. 彼女の気持ちや、現状を受け入れようとする彼の気持ちが『たぶん』という言葉に変換されているような、そんな感じがしました。

6

🤭 歌詞には描かれていないけど、原作では彼女が模様替えをして行きます。 ここではどこにでもありふれている恋愛という意味合いの歌詞だと思います。

13

😄 「たぶん悪いのは僕だ」 といった歌詞で登場しており、 別れた原因がはっきりしていない様子 を暗示させるものとして使われています。

16