百尺竿頭 に 一歩 を 進む。 ことわざ「百尺竿頭に一歩を進む」の意味と使い方:例文付き

☣ そんな無茶な……。 これを文字通りに解釈すると、約三十メートルの竿の天辺まで上り詰め、更にそこから一歩を踏み出せということになる。

👆 (必ずしも、原文通りの引用ではありません。 名前は忘れたが、ある種の雁は聳え立つ断崖約百メートルの岩の窪みやわずかな草叢に卵を産む。

1

😭 当然のことながらそんな高さから飛び降りたら命はないが、そこにとどまっていることも死を待つことに変わりはない。 もちろん、迷いの世界にもひっついていない。 無料送迎バス付き(10名様以上)。

12

🚀 安住するとは、そこに執着(しゅうじゃく)し滯着(たいぢゃく)していることにほかならないからであった。

11

🔥 —ところが— 「ひゃくしゃく かんとう」なんていう言葉は一般的な言葉でもなく、ましてや聞き慣れているものではない。

✆ その身を投げ出し、落つる所はどこか? それは、苦しみ悩める我々衆生(しゅじょう)の世界ということなのだ。 しかし、そこを進む勇気がなければならないという深い禅語でもあります。

11

🙌 当店は温度や湿度を管理して熟成させた「特別熟成肉」が好評。

20
百尺竿頭に一歩を進むのは、普通の人にはなかなか出来ないことです それが生きている者に与えられた使命であり、先に亡くなられた方に対するご恩返しでもあると思います
共に新しい年に向かって一歩を進めて参りましょう しかし、如何ほど高い境地 にあっても、そこに留まって安住していたら何のはたらきも出来ない