ポインセチア 剪定。 ポインセチアの剪定 2018春

😇 挿し床は挿し木(挿し穂)用の土か赤玉土(小粒)だけの用土を使用します。

20

⚠ この配合比率は一般の草花類の培養土と同じものです。

⚑ 基本は土が乾いてたら水をやる 今までとの基本は「土が乾いたら」と言うのは変わりませんが、これまでのように、土が乾いているけど、土の中には水が残っているということは、まぁ、ありませんから、「土が乾いてたら」水をやってください。 バラやコニファーでもよく見られます。 2~3月は生育しませんので肥料は必要ありません。

14

♨ 放置してしまうと樹液が固まってしまい、なかなか落ちずに大変ですよ・・・! 少し軒下で、雨が直接には当たりにくいところです。 園芸を始めたばかりというビギナーの方には、「ハサミを入れるのが怖い」という方がいるかもしれません。 また、強い風が直接吹き付ける場所も避けましょう。

7

🤙 繁りすぎて混み合っている部分を切ります。 花の少ない季節を華やかに彩ってくれるうえに、ポインセチアだけで、赤、白、緑のクリスマスカラーを揃えることができるので、このシーズンに欠かせない観葉植物として親しまれています。 短日処理は早くて9月頃から遅くても10月下旬頃におこないます。

👇 言い聞かせてわかる年齢なら、毒だからと排除せず 「植物には毒のあるものもある」ということをお話してあげるのも大切なことではないでしょうか? まとめ 綺麗なポインセチアですが毒性もあるので、白い樹液が皮膚に付いたり口に入らないよう気を付けたほうが良いですね。

9
実は、色 がついている部分は花ではなく「苞」と呼ばれる葉の一部 そのあと、5月ごろから、緩効性化成肥料を月に1回ほど与えていきます
その後も枝は伸びますから、8月初めくらいに、もういちど剪定をして株をコンパクトにします 1週間後には新芽が出てきますよ