シャンプー パラベン。 パラベンフリーの嘘?シャンプーの防腐剤事情

☏ 乳がんの一因だとする研究報告があります。

12

☢ しかし、 パラベンはシャンプーにおける保存料であり、配合されていた方がシャンプー内の雑菌の繁殖を防ぐというメリットがあります。 ある時に、お客様から「パラベンって悪い成分なんでしょ! エタノールという成分は、殺菌作用があります。

16

👍パラベンが、ほかの防腐剤より刺激性が高いわけではないので、パラベンに刺激を感じないなら悪い選択肢ではないのです。 そのため、防腐剤が含まれていなければ、シャンプーはものの3日ほどで雑菌が繁殖し腐ってしまうこともあるのです。 また、パラベンフリー化粧品の場合、パラベンに対してなんとなく危険なものというイメージを持っている人にとっては、心理的な安心感もメリットです。

9

📲 パラベン配合だからシャンプーを安心して使える パラベンには、シャンプーを腐らせることなく、カビや雑菌から守ってくれる役割があります。 プロピルパラベンやブチルパラベンには注意が必要ですが、ほかのパラベンは低濃度なら防腐剤のなかでも肌への負担が少ないので、パラベンフリーの化粧品をあえて選ぶことのメリットは少ないといえます。 プロピルパラベン• 消費期限が記載されていないときは、防腐剤無添加と書いてあっても、実際は防腐剤と同等の防腐効果のある、、などの成分が入っているのでチェックしてみましょう。

☎ だから、ほんとは「パラベンフリー」というワードの方が悪いものだったりするんです。

11

🐲 オーガニックシャンプー オーガニック系だから安全というのは完全な思い込み! 防腐剤の代わりに、殺菌効果のある�. だから、パラベン配合の化粧品もそれほど刺激性を気にする必要がなくなっているのです。

5

🙃 また、です。 パラベンのなかでは刺激性が高いので注意が必要です。

3

🙃 このパラベンフリーとはどのような意味なのか? それを知ると、別にパラベンフリーでなくても良いことが見えてきます。 化粧品には、期限を記載しない場合は、未開封の状態で3年間以上の保存が可能であるという条件を満たす必要があります。 まとめ オーガニックのシャンプー・トリートメントは腐りません!(未開封で3年は持ちます!) ただし!湿気の多い浴室にずっと放置はあまり良い環境とは言えないので、 使い終わったら場所を移したり、水分が入らないように気を使ってあげるとより良いと思います。

19