オーディオ の 足跡。 わたしのオーディオ

☏ 机など1枚板の上に左右のスピーカーを置くと、インシュレーターに載せてあっても共振して左右の音が混濁してしまいがちです。 床は勿論フローリング(チーク材)、そしてオーディオ機器を置くスペースの床材には響きの良いハードメープル材を使い、床下には頑丈なネタを通した(現認したわけではないが・・・)。

11

😆 アナログ文化の全盛時代。 現在はお休み。 私はヨーロッパ製小型SPの繊細でスイートな音が好きなのだが、この音質でもっとスケールがあって低音のでるスピーカーはないものかと思うと、自作しかなかったのである。

20

🤜 10月1日 - 日本ビクターと共同持株会社、株式会社を設立し、同社の完全子会社となる。 確かにに自分の会社の製品を売らずに、他社の旧 製品を売った訳ですから。 うまく並べれば4個あってもスピーカーだらけという感じはなくなります。

5

🐾 大音量のロックより小音量のクラシックに向いているようです。 高域がきつい。 もともと電流は発電所から家庭のコンセントまで、このVVFケーブルと同じ単なる銅線で運ばれてきます。

4

🖖 上のスピーカはSP-2002。

7

👆。

そこに登場するのがこのDG-48 新居に引っ越した当初はアキュフェーズのE-213であったが、明らかに引越し前の音とはスケールの違う鳴りっぷり
素晴らしく精密且つ剛健な造り・・・と思ったのが大間違い ベンツC200とオペル・ヴェクトラはドイツでは同価格帯なのに日本ではベンツがかなり高い