プルームテック グローセンス。 glo sens(グローセンス)をみっちりレビューしてみる|いまいちど.ログ

📞 落ち着けってことでしょうか。 グロセーセンスの構造はちょうど2段ロケットのようになっており、フレーバーポッドのリキッドを温めて蒸気を発生させ、口元のタバコポッドでタバコ ニコチン含む 味を含ませるというものです。 「メビウス・レギュラー」490円(税込) 日本人の紙巻きタバコのスタンダードとして愛されてきた「メビウス(旧・マイルドセブン)」。

8

👀 それがこんな感じで終わっちゃうの!? グローセンスのたばこは一度リニューアルしている。 それを採用したレギュラー味がこの「メビウス・ゴールド・ロースト」である。

17

☢ ちなみに、タバコポッドには向きはないので、そのまま差し込みます。 とても簡単。

10

❤️ それもそのはず、 加熱具合がハンパない。 あずき・抹茶・さくらといったちょと変わった季節限定のフレーバーが登場するのも面白いですね。

2

🙌 他にもマルチや旧型2. コスパを求める人 アイコスの次に低温加熱型に興味が出てきた。 ちょうど手にすっぽり収まるような感じで、ペンタイプのプルームテックプラスとはまた違った意味で面白いですね。

12

😄 なるべくお得に済ませたい・・!という人はプルームシリーズを選ぶ方が良いかもしれません。 当然、元値の490円より高い価格で出品されています。 形状的には葉巻を吸ってるような感じで重厚感があって渋いですよね。

👌 これは盛り上がりそうだ。 2021年1月現在、低温加熱式の「プルーム・テック」「プルーム・テック・プラス」「プルーム・テック・プラス・ウィズ」と、高温加熱式の「プルーム・エス(2. これまでの低温加熱式たばこは、吸うだけの力で加熱をし水蒸気を発生させていましたが、 グローセンスは、吸うだけの力でなく別途加熱を行うため、低温加熱型でも満足感を愉しめるです。

🌏 紙巻きタバコや「アイコス」を吸う時のように、いったん煙(蒸気)を口に溜めてから吸い込むのではなく、ベイプデバイスでよくやるように、深呼吸のように一気に肺まで入れるDL方式で吸うことで、甘みの少ないストイックなタバコ味を堪能できるのだ。 特に専用たばこの「ゴールドシリーズ」が秀逸で、低温加熱式は物足りない・・・とくつがえす出来です。 キックの強いたばこカプセルが使える• あらかじめご了承ください。

15