ボート レース 津 予想。 【ライブ情報あり】津競艇場の7月13日のレース予想と特徴!ボートレース前に要チェック

👇 2019年3月19日 に投稿された 6 投票, 平均点: 4. 38, 総合点: 171 評価済• 防風壁や防風ネットを設置していても冬場は2マークが荒れる ボートレース津の水面特徴は、競争水面はプール型で水質は海水、または 海水に近い半淡水となっています。 モーターを交換したばかりの時期はモーターのデータが当てになりません。 ルーキーシリーズ• 小野選手の平均スタートタイミングは0. またレース後半になってくると、自然と今まで吹いていた風がやみ始めるので、 優勝戦のイン逃げ勝率はなんと88%という高い数字が出ているほどです。

😄 その中で 津競艇場で行われているレースのみを集計してデータ化し、優秀な競艇予想サイトを選定しています。

8

👇 ボートレース津で予想を立てるときに注意しなきゃいけないのが、夏に吹く「季節風」と、冬に鈴鹿山脈からの吹き降ろす「鈴鹿おろし」という風だ。

💖 4人?家族で、名前由来のドリーム戦やレースが開催されることもあります。

3

🙏 オールレディース• 津競艇場においては 向かい風、追い風共に風速4m以上からこのセオリーを意識するといいでしょう。

✆ ここからは 東海地区で最も水面が荒れるとも言われる津競艇場で、舟券を的中させるための予想ポイントについて解説していきます。 津競艇場の特徴・予想ポイント 津競艇場で抑えるべきポイントは大きく3つ ・基本的にはイン優勢 ・風の影響で水面が荒れる ・4〜6コースの進入隊形が乱れやすい これらのポイントをより深く理解するためにも、具体的な水面の特徴について見ていきましょう。

7