黒子のバスケ 漫画 bank。 『黒子のバスケ』が『SLAM DUNK』より少年漫画として圧倒的に完成度が高い2つの理由|東京マンガレビュアーズ

☢ 現役当時の背番号は7。 景虎から付けられたあだ名は「ムッツリ」。 虹村が主将の時は赤司と並ぶ副主将を務めた。

8

😈 今の法律では捕まえることがなくても、 この先どうなるのかはわかりません。 ポジションはSG。 幼少期からアスリートのデータや肉体に親しんできたため、父と同じ「 」を持つ。

10

💢 景虎から付けられたあだ名は「プッツンメガネ」。

16

😂 後半からは2年生メンバーが活躍し、古武術の独特のクセへの対応が追いつき、雪辱を果たす。 シュート率は作中でもトップクラスであり、若松にも「緑間を抜いたらトップの3Pシューターではないか」と賞賛された。

12

😙 ポジションはPG。 今回も悪質なラフプレイが続き、木吉が身を挺してチームを庇うも、限界を迎えてベンチに引き下げられる。

😊 しかし圧倒的なフィジカルに反して、精神面の弱さによって窮地においてはプレイに粗が出ることもあり、追いつめられるとラフプレーも辞さない。 大西恒平 (2011年2月 - 2012年1月)• 道行く先で女性に騒がれるほど整った容姿を持ち、現役のとしても活躍している。

13

😀 よくを口にし膨らませている。 気に入った相手には平然とキスをするなど、日本人の目にはややスキンシップ過剰に映るほどの奔放な性格で、火神に全裸を見られても平然としている。 これはバスケに限らず、野球も、サッカーも、ラグビーも、バレーボールも、自分がやってプレイする分にはまだ意味もわかりますが、いわゆるプロのスポーツを観戦して楽しむという感覚がわかりません。

18

👐 口癖は「ふはっ」「〜(な)わけねぇだろバァカ」。 正邦に入り古武術を覚えたことでDFの圧力が増している。

16

⚔ 読書が趣味で、を愛読している。 ただ優劣をつけるとなると、私は『黒子のバスケ』の方を推します。