シスター 鈴木 秀子。 89歳のシスター・鈴木秀子「悩みを溜め込まずに吐露することが、心安らかな人生の第一歩」(婦人公論.jp)

⌚ 対談本でなく、各節を分担執筆しているため、お二人それぞれの論旨をゆっくり追いながら読むことができる一冊です。 所在地:東京都 学歴 出身の大学である聖心女子大学を卒業後、東京大学大学院人文科学部研究科博士課程修了し文学博士の学位を取得されています。

10

✍ 人を「育てる」ことは、自分の中の「子ども」とのかかわり方を見直し、成長することでもあります。 強い信念をもって神を信頼されている方ならではのお言葉と行動でしょう。

18

✊ コロナの影響もあって思うように物事が動かない、またあらゆる価値観が大きく変化する激動の時を迎えている今「求め過ぎない、人と比べない、頑張りすぎない生き方」のヒントを本書から得て「聖なるあきらめ」の実践をしてみませんか。 に nakanozenjuku より• 生かされる理由 人はなぜ生まれ、どこへいくのか 2004年6月• 娘さんは少し離れたとこに住んでいて「チェリー」という名前の犬を飼っています!鈴木秀子さんにもとてもなついており、よく散歩に連れて出られるようです。

4

⚑ そしてふと気がついてみると、シスター鈴木はベッドの上にいたのだった。

15

🖐 に Yuri より• あなたは神様から許されて、愛し抜かれています」 死人同然の彼は、うっすらと目を開いてほほ笑んだ。 混沌(こんとん)とする世の中で、「自分の花」を精いっぱい咲かせ、健やかで美しい人生を送るにはどうしたらいいのか。 シスターは、このストーリーをこう締めくくっている。

7

🤜 それともこの2つは全く別のものなのでしょうか。 しかし、あれだけ急な階段から落ちた にもかかわらず、 奇跡的に肋骨のひびだけで済んで 大けがは免れたそうです。

12

🤜 一人の人間として敬い、神様から愛されていることを祝福した、それだけのことです。 そのヒントがこの本の随所に書かれている。 臨死体験生命の響き 大和書房 2005年12月• 中略 シスター鈴木は、まだ「マインドフルネス」という言葉が日本で知られる以前から、こうしたエニアグラムの効果的な利用の仕方など、幸せを手にするためのセミナーを各地で開催し、多くの悩める若人たちを救ってきた。

3

🤟 2020年10月16日• また、何かの機会にお会いできればと思うが、シスター鈴木はお忙しいし、僕も体が不自由なので行動範囲が制約されている。 倒れて警察病院に搬送された僕は、目覚めたとき記憶は飛んでいた。

14
筆者のコメント:鈴木さんのご活躍はただただ頭が下がります 2021年6月11日• エニアグラム9つの性格物語 春秋社 1999年7月• 最後には親が折れた 諦めた? 形での 入信だったんですね
この先、一体どうなっていくのか…… そうして階段から落ち、気を失っている間に、シスター鈴木は不思議な臨死体験をしたという