わた モテ 176。 漫画の話~『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』喪175(後編) の感想~ #私モテ:ニーサンの○○について語ってみよう!

🍀 後に智子の家で明日香と出会って仲良くなり、明日香から受験の手伝いとしてスパルタ的な課題を受けている。

16

☣ 他にも「リア充グループ」である陽菜や加藤明日香と会話をする機会の増加や、修学旅行で同じ班になったうっちーに関心を持たれさらには好意に発展されるなど、クラスメイトとの人間関係が形成され、1年生時と比べると学校生活も大きく変化してきている。

20

🤚 するとここで もこっちがドアを開けたままにしていたのか、あるいは中の様子を見るためにわざわざ開けたのか… この回2人眼の登場人物智貴くん! 足だけ 前者は実況姿は恥ずかしいだろうし…まぁ閉め忘れた線もありますが、もし後者だとしたら 智貴!おねぇちゃんに興味津々だな!? ・・・読者を喜ばせてくれるじゃないか…! 一通り取り終わり、聞き返してみるもあまりのしょうもない実況っぷりに 「所詮夢の職業だ」とあきらめる もこっち。

9

🖕 専業主婦。 言動には作者の実体験や当時の心情が多く反映されている。

15

🤪 漫研部の先輩に頼まれて図書室を訪れ、智子と再び遭遇する。 比較的ドライな性格で、自分の成績では受からないからと青山学園大学のオープンキャンパスにも参加していない。 血液型B型。

17

😒 智貴との仲が険悪だった「ぼっち」な時期でも、ズレた形ながらも姉として気遣いを見せることもたびたびあった。 夏合宿では親友の夏帆に、智子への態度が「お母さん」のようだと指摘され、さらに美保からは「風夏と同じ天然キャラだが隙が無いのが良くない」、優からは「ダメなところや恥ずかしいところも見せるべき」とアドバイスも得て、智子は甘えてもいい相手だと気づき、本来の自分の素に近い「妹」のように、本来は(智貴の)「姉」である智子へ接するようになった。 喪115で原幕高校を卒業し、挨拶に来た智子と最後の交流を持った。

12

☏ 一人で本を読むのが好きで、図書委員として自分の趣味の本を新刊として入れていたことが、同じ趣味を持つ智子との再会のきっかけとなった。

20