クリエイティブ トレンド。 2018年のクリエイティブトレンド 今人気沸騰中のトレンドとは?

👆 2021年は、あらゆる種類のキャンペーンやクリエイティブで、私たちが「コンフォートゾーン(快適な空間)」と呼ぶこのビジュアルトレンドに触れる機会が更に増えるでしょう。

☕ こうした傾向もまた、自然とのつながりを求めたり、手塩に掛けることや成長の手助けをすることで充足感を得たいという願望の表われです。

14

👋 「Visual GPS」の調査によると、消費者の60%は、「より(自分に近い)身近に感じられるブランドや企業から商品やサービスを購入したい」と考えていることが判りました。 同時に世界的な「」 キャンペーンの一環としてソーシャルメディアでも配信を行いました。

4

💢 img:. これに対する答えとして、広告代理店やブランドは、誰でも関わることができるようにする「民主化」のアプローチをビジュアルに取り入れ、多種多様な個々の個性の表現を中心とするキャンペーンを展開しています。

2

🐲 また、 動画も静止画と同様に、広告出稿が進むに連れてクリエイティブは摩耗していきます。 2021年も引き続き、COVID-19と付き合いながら歩んでいかなければなりません。 グローバル注目トレンド [ホログラフ効果] 2018年の外すことのできない新しいトレンド。

5

☢ アインシュタインはこう言っています。 以下に参考資料をいくつか挙げます。 ゲッティイメージズは世界的な市場調査会社である YouGov社と提携し、26ヵ国13言語で1万人以上の消費者と専門家を調査し、「今、求められているビジュアルコンテンツ」を具体的な数字とともに明らかにした「Visual GPS」と呼ばれるガイドラインを作成している。

5

📲 高速でPDCAを回すことが重要なデジタル広告運用において、動画を量産することの負荷は高いと考えられがちであり、動画の構成アイデアや素材も枯渇しがちになります。 こちらの記事は shutterstock Blog 英文の翻訳です。 淡いパステルカラーは白に近い感覚で使われることも多いのですが、キャンディカラーなど、パンチーパステルは破壊力十分。

2

☕ 人気のを貴方の作品にも。 そのため、創造力のはけ口あるいはテクノロジー疲れの息抜きとして、料理、パンやケーキづくり、ガーデニング、DIYなど、自宅でできるものづくりの楽しさに多くの人々が目覚め、そこに喜びを見出しています。