桶 狭間 の 戦い。 桶狭間の戦い「信長、5つの勝因」は何だったか

👇 今川義元 そもそも、なぜ桶狭間の戦いが起こったのか。 奇襲作戦か? 狭間と言えば、に紛れて敵本隊を回し、鮮やかな奇襲を決めたというが強い。

⚔ この後、今川義元は、毛利新介によって首を討ちとられた。

8

😂 丸島は武田氏が(恐らく北条氏も)今川軍に援軍を出すなどの支援行為を行っていたものの、桶狭間の戦いにおける武田氏の援軍の働きぶりに戦後の今川家中において不満や不信感を抱かれたのではないか、と推測している。 まず、駿河の大名だった。

💕 この、私たちがよく知る桶狭間の戦いでのクライマックスシーンは、江戸時代初期の作家、小瀬甫庵(おぜほあん・1564~1640)が書いた『信長記(しんちょうき)』に記されたストーリーで、長く一般に信じられてきました。 ちなみに合戦の直前に、織田信長は僅かな供を連れて足利義輝に謁見するという形での上洛は行っている。 その中で丸島和洋は『甲陽軍鑑』における桶狭間の戦いの記述が頻出詳細であることに注目している。

☘ 始めは信長に協力を求めた足利義昭でしたが、どうしても信長がいると将軍としての自分の立場が弱い、と感じ始め、信長を倒そうとします。 そう、狙うは総大将である今川義元ただひとりです。 信長の軍による奇襲攻撃に義元の軍は混乱し、信長の軍が優勢になります。

15

🌏 今日は何の日 永禄3年5月19日 桶狭間の戦いで、今川義元が織田信長に討たれる 永禄3年5月19日 1560年6月12日 、桶狭間の合戦において、駿遠参の大大名・今川義元が、織田信長によって討たれました。 市川大介をお召しになっては弓のお稽古、ふだん平田三位という人をそばちかくにおいて兵法を学ばれます。 これでは、作戦もなにもあったものではない。

9

😂 天沢が辞退しても、「ぜひぜひ」とせがみ、無理矢理うたわせている。 実際、信玄は本国では城を築かなかった。

🐝 その狭間こそが少ない兵で今川の大軍に対抗できうる唯一の場所であると織田信長は目をつけていました。 敵は善照寺砦にいるとばかり思っていた今川軍は突然のことに大混乱となりました。 たった六騎で出陣した信長主従だったが、徐々に後続が追いついていく。

16
軍は兵で大幅に劣り、しかも面でも孤立援という的な状況にあった 桶狭間の戦いの最終局面は、信長公記には次のように記されている
そのときに攻められた砦は、大高城でしたが、そこに今川方の兵が集中しすぎました 桶狭間直前の情勢地図 ざっくりとした当時の情勢図