押谷 仁。 微生物学|東北大学大学院医学系研究科・医学部

😝 孤発例をがたくさん出てくると、もう危険な状況になっているということになり ます。 尾身茂の認識と主張は、簡単に言えば、現場である病院(接触者外来=感染症指定医療機関)と保健所(相談センター)に責任を押しつけるものだ。 東京オリンピック2020 [7月16日 10:10]• 18日夕方に再放送されたNHK瀬戸際の攻防を見て、押谷氏の認識の決定的間違いに気づいた。

😎 こういう面々が反安倍側に多く、従来と同じ錯誤を繰り返している。 国が悪い、保健所が悪いなどと責任の所在を言い争っても、何の利益にもなりません」(押谷教授). 感染者急増の中でPCRが増えないとは、なんと無責任。

1

😚 だが、それが本心ではなく、タテマエとホンネが違っていることは、少し冷静に考えれば容易に気づくことだ。 脅威は低くなりつつあるとアナウ スが必要。

15

😎 クラスター追跡しか念頭にない貧弱な認識であり、論理の飛躍も甚だしい。 しかし、クラスター調査市場主義は、当初から間違っていた。

17

🙃 応用すれば未来予測ができる。

13

👋 もしも、更に延長とするならば経済的死者数が感染症死者数を上回り、中小事業者は壊滅的打撃を受け、延いては日本経済に致命的なものとなる。 食物連鎖ならぬ感染連鎖である。

15

✆ 感染連鎖の過程で、集団的に感染し、いわばボヤが発生した場合がクラスターと呼ばれるだけのこと。 世界各地では、感染者は微増し続けている。

9